ここから本文です

内藤哲也、鈴木みのるは眼中に無し?「俺を振り向かせてみろ」

8/13(月) 7:03配信

スポーツ報知

◆新日本プロレス「G1クライマックス28」大会 ▽ 8人タッグマッチ 〇SANADA、内藤哲也、EVIL、BUSHI(10分41秒 スカルエンド)鈴木みのる、ザック・セイバーJr.、エル・デスペラード、金丸義信●(12日、東京・日本武道館、1万2112人札止め)

 内藤哲也(36)率いる「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」と、鈴木みのる(50)率いる「鈴木軍」の8人タッグマッチは「ロス・インゴ―」のSANADA(30)が「鈴木軍」の金丸から得意技・Skull Endでギブアップを奪った。

 鈴木軍の4人が先にリングイン。続いて「ロス・インゴ―」の3人が入場してくると最後に内藤が登場。内藤がリング入ったところを、ゴング前に鈴木軍が急襲した。

 場外へ出た内藤と鈴木は、お互いにパイプ椅子を手ににらみ合う。鈴木が張り手打撃を当てた後、内藤をリングに引き入れると、しばらく2人がバチバチにやりあった。

 鈴木が優勢となり、赤コーナーに内藤を追いやると内藤はしばらく鈴木軍の総攻撃を受けた。

 試合終盤、鈴木が内藤に足関節をきめる中、SANADAが後方エビ固めの体勢から金丸にSkull Endをきめ試合を終わらせた。

 バックステージに引き上げてきた内藤は「宝物集めが大好きな王様。あなたの言う宝物は、俺は持ってないよ。なのに何で来るの? もしかして宝物以上の輝きを俺が放っていることに、王様は気づいてしまったのかな?」と鈴木を王様にたとえ口火を切ると、「でも残念ながらさあ、王様に興味ないんだよね。前回の対戦で勝ってるしね。そんなことよりも、同じ鈴木軍だったら、俺はザックとやりたい。ザックにリベンジしたい気持ちもあるし、ザックの方が数段上」と言い放った。

 さらに口は滑らかになり「王様が何てコメントしたか分からないけどさ。王様は口も達者だから、良い言葉も出てくるでしょ。ならその言葉で振り向かせてみろよ。じゃなきゃ残念ながらあなたのことはかまわない。それほどの魅力を感じてないからさ。王様、俺を振り向かせてみろよ。カブロン(スペイン語で“バカヤロー”)」と言い残し控室へ消えていった。(松岡 岳大)

最終更新:8/13(月) 13:58
スポーツ報知