ここから本文です

【2歳新馬】小倉5R タムロドリームがしぶとく逃げ切る 幸「着差以上に余裕ありました」

8/12(日) 17:47配信

サンケイスポーツ

 8月12日の小倉5R・2歳新馬(芝1200メートル)は、幸英明騎手騎乗の1番人気タムロドリーム(牝、栗東・西園正都厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分9秒2(良)。

 クビ差の2着には外から差してきたタマモメイトウ(5番人気)、さらに3/4馬身差遅れた3着に先行策から流れ込んだイメル(4番人気)。

 タムロドリームは、父ジャスタウェイ、母タムロウイング、母の父ブラックホークという血統。おじに2017年アンタレスS・GIIIの勝ち馬モルトベーネがいる。父は今年の新種牡馬。

 ◆幸英明騎手(1着 タムロドリーム)「ゲートが速かったし、道中もマイペースで運べました。最後は抜け出してからフワッとしましたが、着差以上に余裕がありました」

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ