ここから本文です

巨人が五回に打者一巡の猛攻で4点追加! マツダで366日ぶりの勝利へ一丸

8/12(日) 20:00配信

サンケイスポーツ

 巨人は12日、広島19回戦(マツダ)の五回に打者一巡の猛攻で、4点を追加した。

 まずは先頭の重信が、左中間三塁打で好機を作ると、続く山本が左中間適時二塁打で1点を追加。マギーの右翼線二塁打で無死二、三塁とすると、岡本が左前適時打を放ち、広島先発の福井をマウンドから降ろした。

 攻撃の手を緩めない。代わったばかりの飯田の初球を、亀井が中前適時打とし、5連打を浴びせた。その後、二死満塁となり、投手の今村が押し出し四球を選び、この回4点目。昨年8月11日からマツダスタジアムでは勝ち星がなく366日ぶりの勝利へ、チーム一丸となって戦っている。