ここから本文です

【エルムS】リッカルド、地方馬15年ぶりJRAダート重賞Vならず6着…ルメール「最後は加速できず同じペースで走っていた」

8/12(日) 21:14配信

サンケイスポーツ

 8月12日の札幌11Rで行われた第23回エルムステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1700メートル、別定、14頭立て、1着賞金=3600万円)は、横山和生騎手騎乗の2番人気ハイランドピーク(牡4歳、美浦・土田稔厩舎)が先行押し切り勝ち。道中3番手追走から4コーナー手前で先頭をうかがい、直線半ばで逃げ粘るドリームキラリを競り落とし、後続を振り切った。ハイランドピークは重賞初制覇、鞍上の横山和生騎手はJRA重賞初優勝。

 2003年の東海Sを制したゴールドプルーフ以来15年ぶりの地方所属馬によるJRAダート重賞制覇を目指したリッカルドは、いつもの伸び脚が見られず6着に敗れた。

 C・ルメール騎手「いい感じで運べていましたが、最後は加速できず同じペースで走っていた。前も止まりませんでした」

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュース特設ページ