ここから本文です

【関屋記念】エイシンティンクルは逃げ粘り3着 和田「1400、1600メートルでは崩れない」

8/12(日) 22:09配信

サンケイスポーツ

 8月12日の新潟11Rで行われたサマーマイルシリーズ(全3戦)の第2戦、第53回関屋記念(3歳以上オープン、GIII、芝・外1600メートル、別定、15頭立て、1着賞金=3900万円)は、北村宏司騎手騎乗の1番人気プリモシーン(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)がV。3歳牝馬の関屋記念制覇は、1985年タカラスチール、1987年クールハートに続く史上3頭目で、31年ぶり。

 快速馬エイシンヒカリの全妹で、これが重賞初挑戦となったエイシンティンクルは、最内を逃げ粘り3着に入った。

 和田竜二騎手「(ペースが)速すぎましたかね。後ろから馬の気配を感じると、また行こうとする。でも、2走前もこんな競馬で走っているし、1400、1600メートルでは崩れませんね」

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ