ここから本文です

本宮の英国庭園、魅力伝え交流を 9月22日に「祭」

8/12(日) 9:29配信

福島民報

 福島県本宮市の英国庭園の魅力を発信し、異文化交流を深めることを目的とした「英国祭」が九月二十二日午前十時から、同庭園を中心に初めて開かれる。
 もとみや青年会議所(JC)の主催、福島民報社などの協力。同庭園や同庭園のあるプリンス・ウィリアムズ・パーク屋内外遊び場などで多彩な催しを繰り広げる。
 「食」「夢」「芸」の各コーナーを設置する。「食」では日英のビールや伝統的な料理を提供し、「夢」では英国をはじめとする欧州や日本のスポーツカー、レトロカーを展示する。「芸」のステージではビートルズのコピーバンドなどが出演。民謡、ダンスなどの発表も予定している。「現役官僚の滞英日記」の著者・橘宏樹さんが留学経験を基に英国社会について講演する。
 同庭園周辺ではロンドンタクシーとレトロバスが運行。来場者は無料で乗車できる。会員制交流サイト(SNS)を活用した「英国庭園フォトコンテスト」も開催する。
 異文化交流に向け、同JCは英語表記のポスターを作製し、外国人の来場を呼び掛ける。企画した同JCブリティッシュ委員会の吉田光徳委員長と渡辺雄一副理事長は「多彩な催しを通して英国庭園を身近に感じてもらいたい。本宮市と英国の友好の絆に理解を深めてもらえればうれしい」と話している。
   ◇  ◇
 同JCは各コーナーの出店者、出演者を募っている。問い合わせは同JC宛てのEメールmjc@motomiya-jc.jpへ。

■開催資金募る もとみやJC

 もとみやJCブリティッシュ委員会は本宮市の英国庭園でイベント「英国祭」を開く資金を集めるため、福島民報社のクラウドファンディング「応援資金で地域と産業を元気にするサイト フレフレふくしま応援団」を利用し、賛同する人からの支援を募っている。
 クラウドファンディングの目標金額は三十万円。一口三千円から十万円までの八つのコースがある。支援金額により、会場で使えるクーポン券などの返礼品がもらえる。九月二十日に締め切る。カード決済と銀行振り込みに対応している。
 企画の詳細はウェブサイトで紹介している。URLはhttp://www.kickoffjapan.com/fukushima/
 フレフレふくしま応援団は地域に貢献する事業や企業の取り組みへの資金をサイトで募る取り組み。福島民報社が、いわき市のキックオフの協力、東邦、福島、大東の各銀行、県信用金庫協会、県信用組合協会の連携を得て運営している。

福島民報社

最終更新:8/12(日) 17:38
福島民報