ここから本文です

夜空に7,500発の花火彩る 秋田市三大夏まつり 雄物川花火大会が行われる

8/12(日) 16:27配信

CNA秋田ケーブルテレビ

CNA秋田ケーブルテレビ

「土崎港曳山まつり」「秋田竿燈まつり」とともに秋田市の三大夏まつりといわれている「雄物川花火大会」が8月11日、秋田市の雄物川河川敷で行われました。

「雄物川花火大会」は、1988年(昭和63年)に雄物川放水路の通水50周年を記念して始まり、今回で31回目を迎えました。

今年は、「元気創造!いきいき秋田」をテーマに全4部構成で行われ、全国の花火師が厳選し手がけた選抜全国芸術花火集「ザ・プレミアム花火」や秋田市の秋田西中学校、勝平中学校、両生徒たちが考案した「デザイン花火」など約7,500発の花火が夜空を彩りました。

会場に訪れた大勢の人たちは、夜空に打ちあがる花火を見上げながら、花火に酔いしれている様子でした。

この「雄物川花火大会」は来年も開催する予定ということです。