ここから本文です

ユニークなデザインで魅せるVIVID audio、新スピーカー発売。210万円から

8/12(日) 12:09配信

Stereo Sound ONLINE

 ステラは、VIVID audio(ヴィヴィッド オーディオ)の新型スピーカー「KAYA 90」と「KAYA 45」を8月20日に発売するとアナウンスした。

 価格はKAYA 90が320万円(ペア、税別、スタンダードカラー)、KAYA 45が210万円(ペア、税別、スタンダードカラー)。スタンダードカラーはパールホワイト、ピアノブラック、オイスターマット(グレー)の3種類で、それ以外のオーダーカラーは20万円(ペア、税別)プラスとなる。

 今回発表された2モデルは、7月15日に発表された新シリーズ「KAYA」の上位2製品。最上位のKAYA 90は3ウェイ6ドライバー構成、その下位となるKAYA 45は3ウェイ4ドライバー構成となる。いずれも、GIYAシリーズ等で採用されたノウハウを投入しつつ、比較的コンパクトかつ軽量化したのが特徴だ。また、同社で初めて外部デザインコンサルタントを利用し、デザインもシンプルに仕上げられている点も新しい。

 詳しくは、下記の関連記事から発表会の模様をご覧いただきたい。

 なお、他に末弟の「KAYA 25」110万円(ペア、税別、スタンダードカラー)、センター用の「KAYA C15」、サラウンド用の「KAYA S15」もラインナップされており、マルチチャンネル展開も可能。KAYA 25は今年中、KAYA C15とKAYA S15は2019年初頭の発売を予定している。

最終更新:8/12(日) 12:09
Stereo Sound ONLINE

あなたにおすすめの記事