ここから本文です

日本 米国に延長サヨナラ負け 決勝を懸けてカナダと激突<世界ソフト>

8/12(日) 12:44配信

テレビ東京スポーツ

日本 3-4 アメリカ

11日、世界女子ソフトボール選手権<ZOZOマリンスタジアム>大会10日目・準決勝が行われ、今大会負けなしで8戦全勝の日本(世界ランキング2位)とアメリカ(同1位)が激突した。

【ハイライト】日本 激闘の末、サヨナラ負け 世界ソフト 準決勝 日本×アメリカ

初回に日本が山本優(ビックカメラ高崎)の2ランホームランで先制、3回には追加点を挙げて3-0としたが、その後先発を任された藤田倭(太陽誘電)が2本塁打を浴びて3-3の同点にされると、7回を終えて決着がつかず、タイブレークに突入(無死2塁からスタート)。延長8回ウラに2死3塁からアメリカのガルシアにヒットを許して日本は3-4のサヨナラ負けを喫した。

12日、日本は敗者復活を兼ねた3位決定戦でカナダ(同3位)と対戦する。今大会は敗者復活でも優勝可能な変則トーナメント「ダブルページシステム」を採用しており、この試合(カナダ戦)に勝つと同日に行われる決勝で再びアメリカと対戦することになる。

テレビ東京