ここから本文です

石破茂氏がテレビで安倍政権を大批判 目指すは「政府が嘘を言わない」政治

8/12(日) 15:20配信

ハフポスト日本版

9月の自民党総裁選に出馬表明し、安倍晋三首相に挑む石破茂氏が8月11日、TBS「時事放談」に出演した。掲げる「正直・公正」の意味を問われた石破氏は「政府が言ってることは信頼できる、嘘言っていないよね、証拠を書き換えたりしないということ」と述べた。

森友・加計問題で信頼を勝ち取ることができず、財務省や防衛省で公文書を書き換えた安倍政権を真っ向から批判した。

安倍政権を批判

石破氏は番組内で語気を強め「政府は公正であらねばならい。本当に公正か、そこにえこひいきはないか?政府は謙虚でないといけない」と加計問題を念頭に批判。

政府や首相を信頼できないという世論調査に基づき、信頼を取り戻すことが重要であると強調した。

総裁選について、石破氏は「国民に安倍さんと私が何が違うかを理解してもらいたい。アメリカの大統領選のようなディベートをやりたい。憲法、外交、財政、社会保障などテーマを区切ってやりたい」と要望した。

石破氏は不利だが......

ただし、石破氏が不利な状況には変わりはない。自民党の派閥は多くが安倍首相支持を表明しており、安倍支持をしないと「冷遇」も囁かれる。

石破氏は「支持しないと冷遇なんて自民党は見たことない。ポストは国家、国民のためにある。政権のためにはない」とし、「勝てる選挙でなければやらない。勝算はある」と述べた。