ここから本文です

飯豊まりえ「地味顔」で自信持てなかった時も

8/12(日) 11:01配信

BuzzFeed Japan

女優、モデルの飯豊まりえが7月スタートのドラマ「マジで航海してます。~Second Season~」で約1年ぶりに主人公の航海士・坂本真鈴を演じている。最近では女優、モデル、バラエティーの司会と引っ張りダコ。順風満帆な”航海”に思えるが、インタビューでは自身の顔へのコンプレックスがあったことなど悩みも明かす。凹みながらも、自分らしさを見つけた20歳の今を聞いた。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

【写真】男女の理想がどれだけ違うか一瞬でわかる比較画像

――1年ぶりの「マジで航海してます。」。続編を聞いた時の率直な感想はどうでしたか。

私たちの代の学園ドラマって続編がなかなかないので、できると聞いた時はびっくりしました。現場に入るまでは、もう一度役を演じられるか不安もあったんですけど、いざやってみたら、真鈴ちゃんが降りてきて。スタッフさんも「真鈴が帰ってきた」「懐かしい」と言ってくださって、それが鳥肌が立つほど嬉しかったです。

――ドラマでは前作から3年後が描かれます。真鈴も学生ではなく、プロの航海士となっています。

今回は航海士のお仕事あるあるが、前作より盛り込まれてます。ファーストシーズンは船が大好き、海が大好きで突っ走ってましたけど、今回は真鈴ちゃんなりに考えて、行動して、ぶつかって。もどかしさもあるんですけど、演じていて楽しかったです。

前回は初主演で余裕がなかったので、キャストの方と満遍なく話せなかったことが心残りでした。今回はカメラの前でも、待ち時間でも楽しく雑談する時間が取れたのは良かったですし、そこは成長かなと思います。

――キャストの平岡祐太さんや、宮崎秋人さん、水野勝さんも「飯豊さんはすごく褒めてくれる」と言ってましたね。この1年間で成長したということですが、何かきっかけとかはあるんですか。

ありがたいことに、今年に入ってすぐにドラマ、映画、舞台と同時平行で作品を5つやらせていただいて。体力的には本当にしんどかったんですけど、いろんな役を同時にやらせていただいて、メンタル的にも強くなりましたし、短期間で学べる量も多かったです。今までは台本を読みながら、どういう役か悩みながらの撮影でしたけど、台本を1回読んで掴めるものが大きくなりました。

――6月にファッション誌『Seventeen』の専属モデルを卒業しました。その理由の一つに、ファンの変化と自分らしさを挙げてました。

『Seventeen』に入ってきたころは、カリスマ性、かっこよさが憧れるモデルの要素だったんですけど、今はSNSのフォロワーが多い方が人気が高かったり、面白さだったり親近感、そういうものも込みでないと支持してもらえないんです。

年1回『Seventeen』主催のファッションショーでファンの方と触れ合ったとき「やっぱり◯◯ちゃん面白いよね」「ファンサービスすごいよね」と聞いて、あっ、そうしたところが大事、みんなが大好きになる部分なんだと気付きました。

ファッションも私の洋服はシンプルですけど、今『Seventeen』ではK-POPファッションだったり、おへそが露出しているファッションが支持されている。時代が変わって好きな風潮が変わることは当たり前なんですけど、自分が憧れたモデル像、こうなりたいという姿とはちょっと違う。

悩みました。ファンの皆さんに喜んでもらえるものを作りたいし、表現したいけど、年齢の差が出てきたので、卒業を決めました。

1/2ページ

最終更新:8/12(日) 13:29
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事