ここから本文です

2018年上半期、アメリカで最も売れたピックアップ・トラック トップ11

8/12(日) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

・自動車情報サイト「ケリー・ブルー・ブック(Kelley Blue Book)」は、2018年上半期にアメリカで最も売れたピックアップ・トラックを発表した。

【他の写真をみる】2018年上半期、アメリカで最も売れたピックアップ・トラック トップ11

・2018年上半期、 140万台以上のピックアップ・トラックが販売された。

・トップ3は、フォード Fシリーズ、シボレー シルバラード、ラム ピックアップ。

・ホンダ リッジライン、日産 タイタン、ラム ピックアップは対前年比で売り上げを落とした。

アメリカの自動車市場は2018年上半期、好調に推移した。ケリー・ブルー・ブックのデータによると、860万台以上の自動車が販売され、前年同期比で約2%増となった。

ピックアップ・トラックは特に好調、141万5389台が販売された。アメリカの消費者は今、乗用車、特にセダンを避ける傾向にある。

アメリカの3大自動車メーカーであるフォード、GM、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は3社ともピックアップ・トラックを市場に展開している。実際、販売台数のトップ3は、フォード Fシリーズ、GMのシボレー シルバラード、そしてFCAのラム ピックアップ。

だが、他のピックアップ・トラックも売り上げを伸ばした。前年同期比で売り上げを伸ばしたのは、GMC キャニオン、シボレー コロラド、トヨタ タコマ。特にシボレー コロラドは38.9%も売り上げを伸ばした。

一方、売り上げを落としたのは、ホンダ リッジライン、日産 タイタン、ラム ピックアップ。ホンダ リッジラインは19.4%減となった。

アメリカ人はピックアップ・トラックを愛している。2018年上半期、最も売れたピックアップ・トラックを見てみよう。

11位 ホンダ リッジライン:1万4988台(-19.4%)

10位 GMC キャニオン:1万6848台(+13.2%)

9位 日産 タイタン:2万3294台(-4.8%)

8位 日産 フロンティア:4万1701台(+10.3%)

7位 トヨタ タンドラ:5万5792台(+4.0%)

6位 シボレー コロラド:6万9875台(+38.9%)

5位 GMC シエラ:10万874台(+1.7%)

4位 トヨタ タコマ:11万6266台(+22.9%)

3位 ラム ピックアップ

23万3539台(-6.7%)

2位 シボレー シルバラード

29万1074台(+10.7%)

1位 フォード Fシリーズ

45万1138台(+4.9%)


[原文:The 11 best-selling pickup trucks in America so far this year]

(翻訳、編集:増田隆幸)

最終更新:8/12(日) 20:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

あなたにおすすめの記事