ここから本文です

長嶋一茂の現役時代の大事な仕事は“何係”? 「巨人の4番」との濃い関係

8/12(日) 20:00配信

FNN PRIME

さまざまな競技のアスリートは、自身の競技はもちろん、競技以外でもいろいろなことを経験している。

【画像】美人で話題の近代五種・才藤歩夢選手!浅倉カンナ選手の喧嘩は関節で勝つ?

8月12日に放送された「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系列)では、アスリートたち自身が経験したことや競技にまつわる情報をクイズ形式で出題し、2択で答える企画「第4回ジャンクQuiz」を開催した。

練習さえしていれば…

最初に出題をしたのは長嶋一茂さん。ご存知の通り読売ジャイアンツの長嶋茂雄終身名誉監督の息子だ。

大学時代は4番キャプテンとして六大学野球のベストナイン、大学日本代表の4番、ドラフト1位でヤクルトスワローズに入団、当時最高額の8000万円の契約金でプロ野球選手となった。
プロ6年目で読売ジャイアンツに移籍した一茂さんが出した問題は、「ジャイアンツ時代の大事なお仕事とは?」というもの。


A.原辰徳選手のグローブ磨き係
B.落合博満選手のバット持ち係


正解は「B」。

落合さんは、もともと一茂さんの打撃センスを高く評価していたため熱心に指導。そんな師弟関係で自然と生まれた「バット持ち係」だそうだ。

そんな落合選手のバットは、色々なバットを見てきた一茂さんも驚くもの。バットを叩くと金属のような音がするほど、木目が詰まったいい材質だという。さらにミリ単位で調整を重ねた特注のバットは、年に5~6本ほどしか使わないそうで、「バット折れたりしないの?」というMCの浜田雅功さんの問いに、「落合さんがバット折った映像って見たことありますか?」と答えたが、「僕は年間40~50本必要でした」と笑いを誘った。

一方、同時期に活躍していた原辰徳さんは、バットや道具にこだわらなかったそうだ。

またお笑い芸人のトータルテンボスの2人が、「落合さんが『一茂は練習が好きだったら、親父を超えていた』といっていましたが、なんで練習しなかったんですか?」と尋ねると、「やっぱり練習があまり好きじゃなかったんでしょうね」と素直に答え、またスタジオが笑いに包まれた。

1/3ページ

最終更新:8/12(日) 20:17
FNN PRIME