ここから本文です

鈴木おさむ「イクメンになりたいわけじゃない、父親になりたい」

8/12(日) 11:52配信

TOKYO FM+

シンガーソングライターのLOVEがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「LOVE CONNECTION」。番組内のコーナー「PIGEON presents Mommy’s CONNECTION」では初めての育児に奮闘するママや働くママ、頑張っている全てのママに育児に関するトピックスを紹介します。7月24日(火)の放送は、先週の放送に引き続き、放送作家の鈴木おさむさんをゲストにお迎えして、長男・笑福(えふ)くんとの生活について伺いました。
(※前回の放送記事は、ページ下の関連リンクよりチェックできます♪)

【写真を見る】鈴木おさむが“夫婦生活”で学んだ「結婚で大切な3ヵ条」とは?

◆夫として“何もしなくていいのか!?”

LOVE:現在3歳となる長男・笑福くんのお父様でいらっしゃる鈴木さんですが、森三中の大島さんとご結婚されたのは2002年。笑福くんが生まれたタイミングで放送作家のお仕事をお休みして“父勉休業(ちちべんきゅうぎょう)”と名付けして育児に向き合われてきたんですよね。仕事を休もうと思われたきっかけはなんですか?

鈴木さん:一番大きな理由は、妻が“妊活休業”と世の中に言って休んだことですね。その前に妊娠したんだけど、2回残念なことになってしまったんです。それを経験して、妻はまず仕事をとことんやりきることにしたんです。そしてやりきったと思ったところで、“子どものことを考えたい!”と。妊娠すると、休まなければいけない仕事も出てくるので。「おめでとう」なんだけど、仕事仲間に対して、例えば、ロケをバラすことになったりして、予定が変わって迷惑をかけることになる。妻はそれを気にしていて、本当に心からおめでとう!と言ってもらえる状況を作りたいと言って、何年か頑張って。とにかく仕事をやりきってから、妊活休業をしました。その当時は、妊活って言葉はまだ流行っていなくて。だけど妻は、その言葉を自分が発信することで、もっとみんなが使ってくれるんじゃないかと思ったんです。言葉って不思議で、「不妊治療のために、仕事休みます!」って言いにくいけど、前向きな感じのする「妊活休業」って言葉にすると言いやすくなるんじゃないかなって。もちろん、授からなかったときのことも夫婦でよく話し合いました。それでも妻が、それを世の中に発表したことはすごい勇気だと思いましたね。それで本当に子どもを授かって、妊娠中に、妻が勇気を出して妊活という言葉を発信して、仕事を休んだのに、“僕は夫として何もしなくていいのか!?”って思ったんです。そこで、子どもが生まれたら仕事を休もうかなと思って。人生って、自分で舵を切らないと始まらないじゃないですか。自分が40代になって子どもを授かるタイミングで、妻が妊活休業して、僕たちの子どもを産んでくれることに応えたいと思いました。1年休むことに対して、理解してくれる場所もありましたが、もちろん失った仕事もあった。だけど、残ったものからいろんな枝が伸びていくんじゃないかなってことと、そこでできた時間が別のことに生きると思ってたんですよね。

LOVE:お2人は素晴らしいバランスだと思うんですけど、鈴木さんが出された「ママにはなれないパパ」という本を拝読して、奥様との向き合い方も素敵だなと思って。奥様と向き合うなかでちょっとした事件もあったとか?

鈴木さん:まず最初に、子どもが生まれてから“意外とお父さんの仕事ってないぞ”って思ったんです。母乳はお母さんだし、抱っこもお母さん、僕はオムツを替えるくらいしかできなくて。だから、妻のアシストをしようと決めたんです。それで、他のお母さんに聞き込みをしたら、お母さんは赤ちゃんのお世話に追われて、ちゃんとした食事をする余裕がないと言うので、“僕はシェフとして妻の食事を作ろう!”と思って、1日3食料理をすることにしたんです。そしたらこれが大変で! 僕が作ったご飯を妻がおいしいって言ってくれて、すごくうれしくて、今まで妻の料理を食べて無言だった僕は、“何をやっていたんだ!”って気づきました。

また、周りの女性から、産後の奥さんは結構イライラするから、まともに受け止めないようにって言われていたんです。そんななか、あるとき“しじみ”をもらったんです。冷凍すると栄養素が上がるって妻に言われていたから、砂抜きは生きているうちにしなきゃいけなかったのに、砂抜きをしないで、とりあえず冷凍したら、ものすごく怒られて(笑)。
思わず、強めに言い返してしまってケンカになってしまった。でも、“産後のお母さんはイライラするから”っていう言葉を思い出して、僕もごめんね、悪かったって謝りました。

LOVE:本のなかにあった「イクメンになりたいわけじゃない、父親になりたい」っていうフレーズが素敵でした。

鈴木さん:「育児を本気でやる人のことを父親って言うんだ」って僕のブログのコメント欄に書いてあったんです。生まれて父親になる権利をもらえるってことなんだなって。もらえたからには頑張りたいし、楽しみたいですね。

(TOKYO FM「LOVE CONNECTION」より)

最終更新:8/12(日) 11:52
TOKYO FM+