ここから本文です

九州から東海 15日(水)にかけて猛暑続く

8/12(日) 15:23配信

ウェザーマップ

 きょう12日(日)は九州から東海にかけて猛暑日となっている所があるが、15日(水)にかけても、九州から東海では気温が35℃以上となる所がある見込み。引き続き、こまめな水分補給を心がけるなど、熱中症対策を心がけたい。


 きょうも九州から東海にかけて気温が上がり、35℃以上の猛暑日となっている所がある。午後3時現在、最高気温は長崎県の大村と大分県の日田で38.7℃、福岡県の久留米で38.6℃、岐阜県の揖斐川で37.4℃を観測するなど、猛烈な暑さが続いている。

 九州から東海では、15日(水)にかけて高気圧に覆われて晴れ間の出る日が多く、最高気温が35℃以上の猛暑日となる所がある見込み。厳しい残暑となっているため、引き続き熱中症など健康管理に注意が必要となる。

最終更新:8/12(日) 15:38
ウェザーマップ