ここから本文です

山本“KID”徳郁、愛弟子・矢地祐介を語る「ぽっと出じゃない」「やっぱ総合の選手はああじゃないと」

8/12(日) 15:17配信

AbemaTIMES

RIZINのオフィシャルチャンネル「RIZIN CONFESSIONS」(YouTube)が配信された。

番組では8月12日(日)ドルフィンズアリーナで開催する『RWEDDINGS presents RIZIN.12』でメインを務める<KRAZY BEE>所属、矢地祐介の強さ、そして天真爛漫な性格の“源”にせまっている。

<KRAZY BEE>代表の山本“KID”徳郁は、中学2年生のときにジムに入会した矢地の印象について「いやもう本当、ひょろっとした子どもで」と、今からは想像できない過去の姿を明かす。

「そのときはプロになるとか思ってもいないというか『怪我すんなよ』って感じだったけど、今じゃ『怪我させんなよ』みたいな(笑)」と、今や5連勝とノリにノっているRIZINのエースに成長した矢地の実力を認めた。

「彼はぽっと出てきたとか、いきなりああなった選手じゃないから」と、<KRAZY BEE>“生え抜き”の矢地について語るKIDは「コツコツやってきたのが実になった」と強さの理由を語る。

総合格闘技の選手は心技体すべて兼ね備えた“超人”であるべきだと語るKIDは「やっぱ総合の選手はああじゃないと、彼はいい見本だと思う」と明言した。

最終更新:8/12(日) 15:17
AbemaTIMES

あなたにおすすめの記事