ここから本文です

西・東日本 大気不安定 13日(月)にかけて局地的大雨のおそれ

8/12(日) 17:08配信

ウェザーマップ

 13日(月)にかけては、西日本や東日本で、大気の状態が非常に不安定となるため、局地的には大雨のおそれがある。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。
 
 12日(日)は、太平洋高気圧の縁をまわる暖かく湿った空気と気温の上昇の影響で、西日本や東日本を中心に大気の状態が非常に不安定になっていて、内陸を中心に雨雲が発達している。午後は、香川県や岐阜県内で1時間に80ミリを超える猛烈な雨が降ったと見られ、記録的短時間大雨情報も発表された。13日(月)にかけても大気の非常に不安定な状態が続くため、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、猛烈な雨の降るおそれもある。

<13日(月)夕方までに予想される雨量>いずれも多い所で
 東海   150ミリ 
 関東甲信 100ミリ

 局地的な大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒・注意し、落雷や突風などにも注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努め、また、雨で道路が冠水するおそれもあり、帰省時などの車の運転はいつも以上に注意するよう心掛けたい。

最終更新:8/12(日) 17:17
ウェザーマップ