ここから本文です

あす大阪桐蔭戦 沖学園ナインを鼓舞する「主将じゃなくなった男」

8/12(日) 11:51配信

西日本スポーツ

 沖学園は13日の大阪桐蔭(北大阪)との2回戦に向け、兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場で11日、練習した。「バッティング、いいね」。捕手の平川夏毅(3年)がマスクを外し、ひときわ大きな声で仲間を鼓舞した。

【写真】甲子園は「テレビで見たまんま」 初出場の沖学園、帽子も新たに

 昨年、新チーム結成時は平川が主将だったが、今年3月、阿部剛大(同)にチェンジ。主将だった昨秋以降、自身のプレーに集中しすぎて、鬼塚佳幸監督から「捕手としてチームを引っ張ってくれ」と主将交代を言われた。「主将じゃなくなり、気持ちが変わった。自分が支えなくてはいけない」と気持ちを切り替えた。投手と配球のサインが合わないと、マウンドに駆け寄り声を掛ける。

 南福岡大会では打率4割の活躍で打撃でも貢献。甲子園でも初戦の北照(南北海道)戦で2安打を放った。優勝候補の大阪桐蔭を相手に「残り2日で対策をして、全力でプレーしたい」。扇の要は力強く意気込んだ。

西日本スポーツ

最終更新:8/12(日) 11:51
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(土) 9:55