ここから本文です

ポグバの謎めいたメッセージが炎上

8/12(日) 13:25配信

SPORT.es

プレミアリーグ2018/19シーズンのマンチェスター・ユナイテッド対レスター・シティ戦で勝利に貢献したポール・ポグバの去就についての噂が再び加熱している。

世界で大流行のポグバダンス

その理由は、ユナイテッドがレスターに2-1で勝利したあとに1ゴールを決めたポグバが自身のインスタグラムに投稿したメッセージに他ならない。

「自分は、どんな状況であろうともファンのため、チームメイトのために全力を尽くす」自身のゴールに歓喜する写真とこのようなメッセージを綴り、“#Pogfeelings(ポグバの気持ち)”というハッシュタグをつけている。

この謎めいたメッセージによって炎上し、フォロワーからのコメントや今後の去就についての推測を誘発している。

そして、複数の人々は、オールド・トラッフォードを去ることができなかったポグバが監督ジョゼ・モウリーニョとユナイテッドに嫌気がさしていると指摘している。

また、ポグバがFCバルセロナもしくはユヴェントスでプレーしたいと考えているという継続的な報道にうんざりしていると考えている人々もいる。

今夏の移籍マーケットで獲得選手が少ないこととFIFAによる各国代表選手の過密日程について不平を漏らしていた監督モウリーニョは、レスター戦の前に、「ポグバは、ユナイテッドでプレーすることを喜び、誇りに思っている、これは本人が望んでいることだ」と語っている。なお、レスター戦には、ポグバはキャプテンとして出場している。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:8/12(日) 13:25
SPORT.es