ここから本文です

旧民進の国会議員、相次ぎ合宿…低下する存在感

8/12(日) 18:10配信

読売新聞

 旧民進党出身の国会議員グループが夏以降、相次いで合宿を開く。かつて同志だったメンバーは立憲民主党、国民民主党、無所属へと散り散りになっており、各グループの存在感低下には歯止めがかかりそうにない。

 先の衆院選で民進代表だった国民の前原誠司・元外相が率いるグループ「凌雲(りょううん)会」(約10人)は6、7両日、兵庫県内で合宿を行った。6日夜に懇親会を開き、翌7日には明石市長と面会し、市が先進的に取り組む子育て支援策について意見交換した。

 しかし、参加者は国民や無所属の議員6人にとどまった。民主党政権当時、約70人を抱えた会の勢いはもはやない。前原氏は今後の活動について、記者団に「自然体でやる」と語るにとどめた。

最終更新:8/13(月) 23:45
読売新聞