ここから本文です

本田圭佑、カンボジア代表GMに…実質的な監督

8/13(月) 8:51配信

読売新聞

 サッカーの豪州Aリーグ、メルボルン・ビクトリーへの移籍が決まったMF本田圭佑が、カンボジア代表チームのゼネラルマネジャー(GM)に就任したことが12日、カンボジアサッカー連盟から発表された。

 本田の運営する会社などによると、豪州でプレーを続ける傍ら、カンボジア代表の「実質的な監督」の役目も担い、9月の代表戦からベンチに入る予定という。

 本田はワールドカップ(W杯)ロシア大会で敗退後、4年後のW杯を目指さず、日本代表でのプレーに区切りをつける意向を表明していた。これまでカンボジアでスクールなどを展開してきた縁から、カンボジアサッカー連盟に、代表チーム強化に携わりたい意向を伝え、2年契約に至ったという。

 本田は「サッカーを強くするだけではなく、カンボジアの魅力を世界に伝えていくことも使命」などとコメントしている。

最終更新:8/15(水) 2:33
読売新聞

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合