ここから本文です

広島・飯田、巨人の投手・今村に押し出し四球…

8/12(日) 21:53配信

ベースボールキング

 広島の2番手・飯田哲矢が、巨人の投手・今村信貴に押し出し四球を与えてしまった。

 飯田は0-4の5回無死一、三塁の場面で、先発・福井優也の後を受けてマウンドへ。最初の打者となった亀井善行に適時打を浴びたが、続く陽岱鋼を見逃し三振、マルティネスを空振り三振に打ち取り二死とした。小林誠司に対しては、3ボール1ストライクとなったところで、ベンチは申告敬遠を選択。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏は小林の申告敬遠後、「押し出しもありますよ。ストライクが入るかどうかですね」と話すと、飯田は投手・今村に対し1球もストライクが入らず3ボール。2球ストライクを入れて3ボール2ストライクとしたが、7球目のストレートが外れ押し出し四球を与えてしまった。

 田尾氏は「飯田の内容を見ていたら申告敬遠させていいのかと思ったんですよ。コントロールの良いピッチャーならいいんですけど、今日の内容を見ていたら荒れていましたから。小林で勝負でよかったんじゃないのかなと思っていたんですけどね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/14(火) 23:15