ここから本文です

【高校野球】元阪神・藪氏が絶賛する二松学舎大付の1年生捕手「これからの成長が楽しみ」

8/12(日) 19:49配信

Full-Count

昨夏準優勝の広陵を5-3で破り、2年連続3回戦進出

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第8日は、第2試合の浦和学院(南埼玉) ― 仙台育英(宮城)で全校が出揃い、第3試合からは大会2戦目を迎えるチームが登場した。注目の試合が目白押しの中、第1試合は二松学舎大付(東東京)が昨夏準優勝の広陵(広島)を5-2で下し、3回戦進出を決めた。

【表】第100回記念大会の日程および結果一覧

 二松学舎大付は初回に4番・保川遥のセンターへの二塁打で2点を先制すると、5回には追いつかれたが、7回に1番・右田稜真と再び保川のタイムリーで3点を勝ち越し、試合を決めた。元阪神でメジャーの藪恵壹氏は、試合を通じてソツのないゲーム展開を見せた二松学舎大付について「東京の、都会の野球って感じがしますね」と話した。

 藪氏が「洗練された感じがする」という印象を受けたのは、バントの場面で失敗なく決めた点だという。

「6つの犠打で、しっかり走者をスコアリングポジションに送った。地味なプレーに見えるかもしれませんが、バントの差が勝敗を分けたようにも思います。7回に3点を挙げた場面でも2本のバントを決めましたが、あれは広陵のピッチャー、森君はしんどく感じたと思います。

 森君は初回に2点を先制された後、2回途中から立ち直って、いい投球を続けていた。7回にちょうど100球を超えたあたりから苦しくなったように思いますが、そういう時に走者を得点圏に進めるのはしんどいですよね」

 二松学舎大付は右田が2安打2打点、保川が2安打3打点を活躍したが、この日、藪氏の目を引いたのは、1年生ながらに先発マスクをかぶった山田将義だという。山田は昨年、侍U-15代表に選出され、第9回BFA U15アジア選手権の優勝メンバーとなった。

「1年生とは思えない落ち着きのあるリードを見せていましたし、二塁に送球する場面もありましたが肩もいい。3年生が揃う中、打順は8番ですが、下位打線を打つスイングには見えませんね。これからの成長が楽しみな存在です」

 一時は広陵が同点に追いついたこの試合。勝敗を分けるポイントの1つとなったのは「早めの投手交代に出た監督の采配でしょう」と見る。

「二松学舎大付は先発の海老原君が、立ち上がりから走者を出しながらも無失点に抑えていたのを、4回に1失点したところで早々に代えましたよね。あの監督の采配は素晴らしかった。その後、岸川君は5回にホームランを許しただけで、あとはしっかり抑えました。

 この試合は第1試合だったとはいえ、猛暑の中では投手は早めにへばります。チーム事情もあるでしょうが、2、3枚を上手く継投できるかどうか。今年は特に、そのあたりがポイントになりそうですね」

 昨夏準Vの広陵を相手に、盤石な戦い方で勝利を収めた二松学舎大付。「激戦区の東東京を戦い抜いただけはある。このまま勝ち上がって大阪桐蔭を脅かす存在になる可能性はある」と藪氏は見る。3回戦では、第2試合で因縁の仙台育英を大差で下した浦和学院と対戦。隣県対決を制し、初の3回戦突破を狙いたい。

Full-Count編集部

最終更新:8/12(日) 19:50
Full-Count

あなたにおすすめの記事