ここから本文です

岐阜市 多言語音声翻訳技術向上のための実証実験スタート前にイベント

8/12(日) 18:55配信

メ〜テレ(名古屋テレビ)

音声翻訳技術の向上を図るための実証実験が9月から岐阜市で始まるのを前に、キックオフイベントが開かれました。
総務省は研究機関と共同で音声翻訳技術の研究・開発を進めていて、2020年までの実用化を目指しています。岐阜市で9月から始まる実証実験では、観光案内所やタクシーなどに8カ国語の音声翻訳に対応した端末を設置し、集まったデータから技術の改善に繋げます。イベントに出席した野田聖子総務大臣は「言葉の壁のない社会の実現を目指す」と挨拶しました。