ここから本文です

アウォーディー右後肢の骨折で安楽死 重賞5勝

8/12(日) 9:12配信

日刊スポーツ

 統一G1の16年JBCクラシックを制したアウォーディー(牡8、松永幹)が6日に右後肢の骨折で安楽死となり、同日付で競走馬登録を抹消した。11日にJRAから発表された。帝王賞8着後に放牧に出されていた大山ヒルズで右飛節を骨折したという。

 05年天皇賞・秋を制したヘヴンリーロマンスが米国で生んだ産駒として注目された。12年12月の阪神でデビュー。5歳になった15年秋からダート路線に転向すると6連勝して一気にトップホースへと駆け上がった。2年連続でドバイワールドカップにも挑戦し、17年5着、18年は6着だった。

 主な勝ち鞍は、15年シリウスS、16年名古屋大賞典、アンタレスS、日本テレビ盃、JBCクラシック。通算成績は42戦10勝。地方、海外も含めた総獲得賞金は4億9273万6800円。

最終更新:8/14(火) 17:11
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ