ここから本文です

木戸「まさか」2日連続イーグル、4個目で首位タイ

8/12(日) 9:24配信

日刊スポーツ

<女子ゴルフ:NEC軽井沢72>◇11日◇第2日◇長野・軽井沢72北(6655ヤード、パー72)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)

【写真】18番、2日目を3位タイのスコアで終えた木戸はキャディーと笑顔で握手する

 木戸愛(28=ゼンリン)が第1日に続き6番でイーグルを奪った。パー4の同一ホールでの2日連続イーグルは女子ツアー史上初。木戸は前日からスコアを1つ伸ばし、順位は落としたものの7アンダーで3位グループにつけた。

 木戸はフェアウエーの上で、両手を上げて何度も跳びはねた。6番415ヤードのパー4。残り177ヤードの第2打を5番ユーティリティーで打つと、手前に落ちたボールがカップに吸い込まれイーグル。同組で首位独走の黄も「すごいね」と大興奮で駆け寄りハイタッチをする快挙だった。

 「自分でもビックリ。まさか今日も入るとは」と、木戸も驚いた。距離が長いパー5でも難しいイーグルを、パー4で2日連続して同一ホールで達成。しかし、木戸は、10年の今大会(14番)と昨年の日本女子オープンでもパー4でイーグルを達成。今季4個目で、小祝と並ぶ1位と、まさにイーグル女王だ。「歴史に名を残すことは光栄。今季はまだ試合があるので、更新したい」と意欲的だ。

 ツアーでは12年以来勝利がなく、勝てない日々に思い悩んだ。先輩の大山志保に相談したり、海外の選手のプレーを見たりと試行錯誤を繰り返した。そして、失敗しても笑顔で気持ちを切り替えることで、きっかけをつかんだ。「トップとの差はあるけど、最後の最後まで何が起こるか分からないので、頑張ります。でも6番は意識しないようにします」と笑顔で話した。【桝田朗】

最終更新:8/12(日) 15:48
日刊スポーツ