ここから本文です

本田圭佑が前例のない挑戦へ…実質的なカンボジア代表監督に就任!

8/12(日) 13:51配信

ゲキサカ

 先日、オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリー加入が発表されたばかりの日本代表FW本田圭佑(32)が、カンボジア代表の『Head of delegation』に就任することがわかった。これは実質的な“監督”のポジションだという。

 12日、本田はプノンペンで開催されたカンボジアサッカー連盟の記者会見に出席。同代表のコーチングスタッフに入閣することを発表した。本田の肩書きは『Head of delegation』。チーム構成や指揮に対する全権を任せられる予定で、実質的な“監督”のポジションも担うことになる。

 本田の所属事務所であるHONDA ESTILO株式会社によれば、登録上の監督はフェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマス(30)。今後、本田はメルボルン・ビクトリーでプレーしながら、国際Aマッチデーにカンボジア代表の実質的な監督を務めるという。なお、初陣は9月10日にホームで開催されるマレーシア代表戦を予定している。

 ロシアW杯後に代表引退を表明した本田は、今までにないかたちで世界のサッカーに関わる方法がないかを模索し、これまで関係を築いていたカンボジアサッカー協会へ今回の件を提案。同協会がアジアサッカー連盟など関係各所に確認をとり、ルール上問題ないとの判断で今回の新たな取り組みが発表された。

 会見に出席した本田は、「こういったかたちの契約は世界どこをみてもはじめての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れたことに感謝しています。私にとってはじめての監督業になります。実際にはメルボルンでプレーするので、すべての試合に関われない可能性がありますが、可能な限りカンボジアのサッカーに関わっていきたい」と語り、「カンボジアサッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルをつくること」と「サッカーを強くするだけではなく、サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくこと」をミッションとして掲げた。

 前例のないことにチャレンジする本田。今後は、2020年の東京五輪でオーバーエイジ枠として出場することを目指しつつ、同じアジアのカンボジア代表の指揮を執ることになる。

最終更新:8/12(日) 14:11
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報