ここから本文です

決勝で旧友対決が実現!山梨学院のエースFW宮崎「絶対に点取りたい」

8/12(日) 20:00配信

ゲキサカ

[8.12 総体準決勝 山梨学院高 1-1(PK3-1)東山高 四日市]

「明日は絶対に点取りたいです」。山梨学院高のエースFW宮崎純真(3年)が旧友からのゴールと日本一を誓った。

 準々決勝でファインゴール2発を決めて逆転勝利の立て役者となった宮崎はこの日、連戦での疲労を考慮されてベンチスタート。1-1の後半開始からの出場となった。彼の登場で前線に攻撃の起点ができた山梨学院が優位に試合を進めたが、雷雨の影響で約1時間30分中断。その後、宮崎のシュート、ラストパスからチャンスを作った山梨学院は勝ち越し点こそ奪えなかったものの、PK戦の末に決勝進出を決めた。

 山梨学院が勝利を決めた時点で、もう1試合の桐光学園高(神奈川2)対昌平高(埼玉1)戦は雷雨中断中。対戦相手が桐光学園に決まったのは約3時間後だった。だが、中断時点で桐光学園が3点リードしているという情報が入っており、宮崎はいずれもFC多摩ジュニアユース時代のチームメートである桐光学園CB望月駿介(3年)、CB内田拓寿(3年)、MF阿部龍聖(3年)との対戦を確信し、決勝を心待ちにしていた。

「(特に望月と内田は)CBなんで2人ともマッチアップですし、プリンス(リーグ関東)であの2人相手に得点できていない。望月に『俺らとの試合では点獲れない』みたいに言われて悔しいんで、明日は絶対に点取りたいです」

 今年のプリンスリーグ関東での対戦は1-2で敗戦。昨年の対戦は1分1敗で一昨年の対戦も2連敗している。相性の悪い相手、その中央に立ちはだかる望月と内田について宮崎は「相当手強いです」と語り、阿部のスピードを警戒する。桐光学園のキーマンである彼らを攻略しなければ優勝は無い。

 相手は強敵だが、この日35分間の出場だったこともあって宮崎には体力面の余裕がある。今大会で宮崎が見せているボールを収める部分と一瞬でDFを置き去りにするドリブル、シュートは非常にハイレベルで簡単には抑えられないだろう。そして、リベンジへの思いも十分。「ここまで来たら優勝しかない」という宮崎が旧友たちから必ずゴールを決めて、山梨学院を日本一に導く。

最終更新:8/12(日) 21:19
ゲキサカ