ここから本文です

ブロック塀が崩れ撤去工事中の作業員死亡

8/12(日) 18:33配信

関西テレビ

関西テレビ

12日、大阪市住之江区で撤去中のブロック塀の一部が崩れ、作業員が死亡しました。

大阪府北部地震で、小学生の女の子が死亡した事故を受けての撤去作業中だったとみられます。

午前10時ごろ、大阪市住之江区で男性作業員2人が高さ約2.6メートルのブロック塀を約1メートル低くする工事をしていました。

警察によると作業中、ブロック塀の一部が崩れ、建設作業員の谷口勇人さん(57)の頭に当たったということです。

谷口さんは病院に運ばれましたが、死亡しました。

工事は大阪府北部地震でブロック塀が倒れ、高槻市の小学4年の女の子が死亡した事故を受けて、行われていたとみられます。

警察が当時の状況を詳しく調べています。

関西テレビ

最終更新:8/12(日) 18:33
関西テレビ