ここから本文です

2インチ液晶搭載のArduino端末「M5Stack」にPSRAM搭載の新モデル

8/13(月) 0:00配信

Impress Watch

 積み重ねて機能拡張できるスタック型ArduinoモジュールのPSRAM搭載モデル「M5Stack FIRE」がスイッチサイエンスから発売された。

【この記事に関する別の画像を見る】

 店頭価格は税抜き5,750円(税込6,210円)。販売ショップはツクモパソコン本店II。

■PSRAMは初期状態では使用できず、抵抗を追加するなどの加工が必要

 M5Stack FIREは小型プラスチックケースを採用したESP32ベースのArduinoモジュール。フラッシュメモリ(16M)や、2インチのカラー液晶パネル(320×240ドット)、バッテリー(550mAh)、USB Type-Cポート、Groveコネクタなどを搭載し、オプションモジュールの上に本体を積み重ねて、機能の拡張などを行なえるのが特徴だ。

 M5Stackについては、シンプルな「M5Stack Basic」、Groveモジュールが付属する「M5GO IoTスターターキット」などがこれまでに発売されているが、今回のM5Stack FIREは、記憶域としてフラッシュメモリに加えPSRAM(4M)を搭載したモデル。

 スイッチサイエンスによれば、M5Stack FIREの仕様はM5Stack BasicなどよりもM5GOに近く、PSRAMを搭載する点や9DoFセンサがM5GOと異なるという。底面にLEGO互換パーツを装着できる点はM5GOと同様。

 ただし、PSRAMは初期状態では使用できず、底面側の「M5GO BOTTOM」に抵抗を追加するなどの加工が必要とのこと。

 本体のサイズは54×54×21mm、重さは56g。付属品は充電用ドック「M5GO CHG BASE」、USBケーブルなど。

[撮影協力:ツクモパソコン本店II]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:8/13(月) 0:00
Impress Watch