ここから本文です

【札幌記念】ダービー馬マカヒキ、復帰戦Vなるか/JRAレースの見どころ

8/13(月) 10:00配信

netkeiba.com

 GI馬3頭をはじめ、今年も好メンバーが揃った札幌記念。夏の大一番を制するのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■8/19(日) 札幌記念(3歳上・GII・札幌芝2000m)

 マカヒキ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は2016年のダービー馬。昨年末に骨折が判明し休養に入っていたが、ここで復帰する。調整は順調で、故障明けでも走れる態勢にあると見ていいだろう。復帰戦を飾って秋の大レースに向かうことができるか。鞍上はC.ルメール騎手。

 モズカッチャン(牝4、栗東・鮫島一歩厩舎)は昨年のエリザベス女王杯を制し、今年はドバイシーマクラシックに挑戦。結果は6着だったが、完全に前残りの展開で、後ろからの競馬ではさすがに苦しかった。今回はそれ以来の休み明けだが、調整は順調。好走を期待したい。

 その他、ドバイターフ8着以来のネオリアリズム(牡7、美浦・堀宣行厩舎)、昨年の覇者サクラアンプルール(牡7、美浦・金成貴史厩舎)、大阪杯5着のミッキースワロー(牡4、美浦・菊沢隆徳厩舎)、3歳馬ゴーフォザサミット(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)、距離延長に挑むサングレーザー(牡4、栗東・浅見秀一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

最終更新:8/13(月) 10:25
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ