ここから本文です

米首都で白人主義者デモ=衝突1年、反対派が数で圧倒

8/13(月) 9:14配信

時事通信

 【ワシントン時事】昨年8月に米南部バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者と反対派の衝突事件から1年となる12日、白人主義者らがワシントン中心部でデモを行った。

 400人を見込んだ参加者は20人程度だったのに対し、抗議デモには数百人以上が集結。双方の衝突を避けるため、警察は一部道路を封鎖するなど厳重な警備態勢を敷いた。

 ホワイトハウス前の公園に集まった反対派は「米国にファシストはいらない」などとシュプレヒコール。白人主義者らが到着すると一斉にブーイングを浴びせ、白人主義者らは短い演説を行っただけで、早々に撤収した。 

最終更新:8/13(月) 11:17
時事通信