ここから本文です

BEAST元メンバー側「大学特別待遇の疑惑?事実ではない」

8/13(月) 9:44配信

中央日報日本語版

韓国アイドルグループBEAST(ビースト)の元メンバーであり、現在HIGHLIGHT(ハイライト)として活動しているユン・ドゥジュン、ヨン・ジュンヒョン、イ・ギグァン側が大学特別待遇をめぐる疑惑に対して事実でないと否定した。

12日、彼らの所属事務所オラウンドアースエンターテインメントは「混乱しているファンの方々にまず謝罪申し上げる」として「ユン・ドゥジュン、ヨン・ジュンヒョン、イ・ギグァンは2010年、東新(ドンシン)大学に同時に入学し、卒業をしたのは事実だ。しかし、入学の過程で不正があったとか、学校生活を最初からしなかったというのは事実でない」と明らかにした。

所属事務所は「メンバーらはその当時、舞台やアルバム活動、公演などで忙しい日程を消化していたので所属事務所がすべての日程を決め、その日程により活動する場合がほとんどだった」とし、「入学当時も東新大学側から先に入学しないかと提案され、学校側との連絡などすべての業務を所属事務所が整理した」と説明した。

ヨン・ジュンヒョンは随時募集の特技者選考、ユン・ドゥジュンとイ・ギグァンは定時募集を通じてそれぞれ実用音楽科と放送演芸科に合格し、学校側が「BEASTが学校の名誉を高めるのに大きな役割を果たすものとみて特別奨学金を与えることにした」と明らかにしたとのことが所属事務所の立場だ。

所属事務所は「誠実に学士の全日程を消化する他の学生たちよりメンバーがある程度参加できなかったのは事実」としながらも「学校の広報モデルとして活動し、他の学生たちと授業も受け、試験も受けに行き、学校の行事などにも誠実に参加した」と反論した。

また、「常に他の学生たちと比較すると、学校の授業に誠実に臨めなかったという事実に対してメンバー全員申し訳ない気持ちで、今でもそうだ」としながら「ニュースを通じて内容を聞いて失望したかもしれないファンたちと学生たちを含むすべての方々にもう一度心から謝罪申し上げる」と付け加えた。

これに先立ち、この日、SBSはBEASTの元メンバー、ヨン・ジュンヒョン、チャン・ヒョンスン、ユン・ドゥジュン、イ・ギグァンが全南羅州(チョンナム・ナジュ)に位置した東新大学に入学し、正常な授業出席をしなかったにもかかわらず4年間全額奨学金を受けたとして特別待遇の疑惑を提起した。

チャン・ヒョンスンが所属したCUBEエンターテインメント側は「事実関係の確認に最善の努力をつくしている」とし「早いうちに公式の立場を出せるように努力する」と明らかにした。