ここから本文です

本田カンボジア代表GMに 全権委任、実質監督「初の監督業。可能な限り関わる」

8/13(月) 5:02配信

デイリースポーツ

 サッカー日本代表としてW杯に3大会連続で出場したMF本田圭佑(32)=メルボルン・ビクトリー=が、カンボジア代表のゼネラルマネジャー(GM)に就任することが12日、決まった。カンボジア協会が同日、プノンペンでの会見で発表した。

【写真】強権政治による民主化後退が懸念される国

 本田は指導者ライセンスを持っていないため、登録上は30歳のアルゼンチン人指導者が監督となる。もっとも、GMとして代表選考や試合中の采配など全権を任される予定で、実質的に監督の役割を担う。

 本田はプノンペンでの会見で「私にとって初めての監督業。実際にはメルボルンでプレーするので、すべての試合に関われない可能性があるが、可能な限りでカンボジアのサッカーに関わっていきたい」と所信表明。“初采配”は9月10日のマレーシア戦(ホーム)となる。

 ロシアW杯アジア2次予選で対戦して以降、交流が生まれた。現役選手が他国の代表監督になる異例のプランは、本田の“売り込み”から生まれたという。「連盟に『現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か』と質問したところ『本気で言っているならオファーをする』とこの場に至った。普通ではないやり方を受け入れたことに感謝している」。世代別代表も含めた一貫したスタイル構築と、同国の魅力の発信を目標に掲げた。

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合