ここから本文です

ジュニアグラウンド・ゴルフ優勝を市長に報告=神奈川県厚木市〔地域〕

8/13(月) 9:42配信

時事通信

 鳥取県湯梨浜町で開催された第13回ジュニアグラウンド・ゴルフ発祥地大会で、小学生の部団体戦で優勝した神奈川県厚木市出身の森谷太晴君、内藤俊介君、廣木慎吾君が同市役所を訪れ、小林常良市長に優勝を報告した。

 3人は、同市で生まれ育った「あつぎっこ」。授業終了後、お互いに時間をやりくりしながら練習し、さらにそれぞれ主体的に練習を継続してきた。今大会は通常2ラウンド制で実施されるところ、猛暑のために特例で1ラウンド制に変更となった。

 事実上のキャプテンである内藤君は「良い成績を取って、3人全員で帰ってこられた。協力してくださった皆さんのおかげです」と結果報告。森谷君は「皆のアドバイスがあって優勝できた」、廣木君は「暑くて集中できなかったが、皆と協力したので優勝できた」と笑顔で語った。

 小林市長は「素晴らしい優勝という結果を厚木の地に持ち帰っていただき、ありがとう。市民を代表しておめでとう、お疲れさまでした」と話し、功績をたたえた。 

最終更新:8/13(月) 11:31
時事通信