ここから本文です

大阪府警富田林署で留置中の男が逃走

8/13(月) 8:17配信

読売テレビ

12日夜、大阪府警富田林署で、留置中の30歳の男が逃走し、警察が行方を追っている。逃走しているのは、強制性交や強盗致傷などの罪で起訴され、今月8日、別の容疑で逮捕された樋田淳也容疑者(30)。大阪府警によると、樋田容疑者は12日午後7時半ごろから富田林署2階の面会室で弁護士と接見していたが、弁護士が退出した後に、面会室から逃走したとみられる。接見が長いことを不審に思った警察官が午後9時40分過ぎに部屋を確認したところ、樋田容疑者がいなくなっていて、容疑者と弁護士とを仕切るアクリル板が10センチほど押し破られていたという。樋田容疑者は、身長163センチで中肉中背、黒色の長髪、黒色の長そでジャージーに灰色のスエットズボン姿だったという。富田林署は、近鉄・富田林西口駅から南に100メートルほどの住宅街で、そばには小学校や中学校などもある。警察は約200人体制で、樋田容疑者の行方を追っている。

最終更新:8/14(火) 0:40
読売テレビ