ここから本文です

生産移転計画の米ハーレー、トランプ氏がボイコットを支持

8/13(月) 9:01配信

ロイター

[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、オートバイ製造大手ハーレー・ダビッドソン<HOG.N>が生産を海外に移した場合、同社のボイコットを計画している消費者を支持した。

ハーレーは6月、欧州連合(EU)の対米報復関税を避けるため、生産を海外に移すと発表。これを受けトランプ氏は、高額の税金を課すと警告し、競争を激化させるために外資を米国内に誘致すると表明した。

トランプ氏はツイッターへの投稿で「多くのハーレー所有者は、生産拠点が海外に移された場合、同社のボイコットを計画している。素晴らしい。ハーレーの競合も含め、他社の大半はわれわれと同じ方向に向かっている」とコメントした。

ハーレーは、EUの報復関税により、年内約3000万─4500万ドル、通年で9000万━1億ドルの影響が出るとの見通しを示している。

休暇中のニュージャージー州でトランプ氏は11日、バイク愛好家約180人に囲まれ写真撮影に応じた。

最終更新:8/13(月) 9:04
ロイター