ここから本文です

ソーシア監督が語る「大谷の投手復帰」

8/13(月) 11:57配信

東スポWeb

 エンゼルスのソーシア監督は12日(日本時間13日)、大谷翔平投手(24)の投手復帰のスケジュールを明かした。大谷は11日(同12日)にブルペンで捕手を立たせたまま、23球投げた。「(大谷と今日)直接話した。状態は良いと感じているそうだ。(次のステップは)ブルペンで強度を上げ、投球の精度を上げていく。しっかりと自分の球が投げられているかを確認する。そして、球数を少しずつ増やす。彼の状態はよく、ルーティーンに関してはフレックスにやっていく予定だが、今の状況はとてもうれしいよ」

 復帰の目標について問われると指揮官はこう語った。「ここでできたらいいな、という目標はある。でも、先走りすぎてはならない。投球はスケジュールでするのではない。感覚でするから、どのくらい前に進めていいか翔平の進捗状況を見なければならない。もちろんゴールは今季中の復帰だが、それができるかどうかこれから見ていく」

 2度目のブルペンは13日(同14日)の予定だとう。「次はキャッチャーを座らせての投げ込み。もう一度確認しないといけないけど、明日で考えているはずだよ。昨日のタッチ&フィールに比べたら、もう少し強さを上げて投げていくと思う。100%とは言わないまでも、強く投げていくだろう」。今季中にマウンドで背番号17を見ることができそうだ。

最終更新:8/13(月) 11:59
東スポWeb