ここから本文です

72ホール最少ストローク達成に史上5人目の大記録も!全米プロ制覇 B・ケプカの主な記録

8/13(月) 12:18配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<全米プロゴルフ選手権 最終日◇12日◇ベルリーブCC(7,316ヤード・パー70)>

飛距離の秘訣は? ブルックス・ケプカ 撮れたて最新スイング写真【ドライバー正面連続写真】

今季の男子海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」で優勝したブルックス・ケプカ(米国)。彼が今回打ち立てた記録を見ていきたい。

【72ホール最少ストローク】
今回ケプカが出した「264」は、2001年にデビッド・トムズ(米国)が出した「265」を抜いて、72ホールでの最少ストローク記録となった。なお、2位となったタイガー・ウッズ(米国)の「266」は、同じく01年のフィル・ミケルソン(米国)を抜いて、勝てなかった選手の最少ストロークである。

【史上5人目の全米オープン&全米プロ同一年度優勝】
過去、同一年度に「全米オープン」と「全米プロゴルフ選手権」を制したのは、1922年のジーン・サラゼン、48年のベン・ホーガン、80年のジャック・ニクラス、2000年のタイガー・ウッズ(いずれも米国)に続く5人目。

【メジャー優勝数18位に】
メジャー3勝目となり、ビリー・キャスパー、ペイン・スチュワート、ジョーダン・スピース(いずれも米国)、ビジェイ・シン(フィジー)、ニック・プライス(ジンバブエ)、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)に並んだ。

その他、非公式のものでは、ナイキとウェア契約選手が4大会優勝の“ナイキスラム”、クラブ契約フリーの選手が4大会で優勝した“クラブ契約フリースラム”も達成された。

過去メジャー6大会で3勝を挙げているメジャーハンター。来年は何勝するのか。またどんな記録を打ち立てるのだろうか。

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>