ここから本文です

英国の日本食レストランのラーメンは「おふくろの味」? 海外でお母さんを思い出して泣きそうになった体験つづった漫画

8/13(月) 11:00配信

ねとらぼ

 海外の日本食レストランで食事をしたところ、まさかの「お母さんの味」に遭遇し、懐かしさから泣きそうになった……という、海外旅行のレポート漫画が話題となっています。

【画像】漫画全体を見る

 漫画の作者はちゃんあずさん。Twitterにてイラストや旅行レポート漫画など、さまざまな作品を公開しています。

 イギリス旅行中のちゃんあずさんは、前々から気になっていた日本食レストランの有名チェーン店「YO!Sushi(ヨー!スーシ)」で食事をします。「YO!Sushi」はイギリスだけではなくアメリカや中近東などにも出店している、よく知られた日本食レストランとのことです。

 何を食べようかとメニューを見ていたちゃんあずさんは、目に飛び込んできた「ブレックファスト・ラーメン」が気になってしまい、「もうこれ食べるしかない」と注文します。

 運ばれてきた「ブレックファストラーメン」は味噌ラーメンで、具材としてポーチドエッグ(落とし卵。白身の固まった温泉卵のような料理)、ソーセージ、炒めたきのこ、プチトマト、ベーコン、アスパラガスなどが乗っていました。

 乗っている具がそのままイングリッシュ・ブレックファストなラーメン、つまりブレックファスト・ラーメン、ということなのでしょう。

 ブレックファスト・ラーメンを食べたちゃんあずさんは、おいしいでもまずいでもない「お母さんが作ってくれたラーメンの味」という感想を漏らしました。小学校のころ、午前中で授業が終わる土曜日のお昼、お母さんが作ってくれたラーメンの味。

 ちゃんあずさんはあまりの懐かしさから「お母さんに会いたい!」と涙をポロポロ流し、このお店へ勇気を出して入ってみてよかったな、と感想を漏らして漫画は終わります。

 Twitterでは「土曜のお昼にお母さんが作ってくれたラーメンの味が恋しい」「土曜のお昼は、こういうラーメンを食べながらテレビを見るのがいつもの流れだった」など、子ども時代を懐かしむ反応と感想が多数寄せられていました。

 漫画を読んでいると本当に、お母さんが家にあるもので作ってくれた料理が食べたくなってしまいますね。

 レストランで食べるものとしては少し違うのかもしれませんが、日本ではお金を出しても食べられない「お母さんの料理の味」を完全に再現するというのは、別の意味ですごいことと言えるのかもしれません。

ねとらぼ

最終更新:8/13(月) 20:33
ねとらぼ

Yahoo!ニュース特設ページ