ここから本文です

星稜、悲劇の結末…6点差逆転され追いついたけど逆転サヨナラ満塁弾浴びた/甲子園

8/13(月) 7:00配信

サンケイスポーツ

 第100回全国高校野球選手権大会第8日第3試合(星稜11-13x済美=延長十三回タイブレーク、12日、甲子園)星稜の右翼・竹谷理央主将(3年)が、帽子を飛ばしながら必死に走った。しかし白球は無情にも右翼ポールに直撃…。今大会2度目のタイブレーク。9-9の延長十三回に2点を勝ち越しながら、まさかの逆転満塁被弾で、夏が終わった。

 「ずっと『(ファールゾーンに)切れてくれ』と思っていた。相手がダイヤモンドを回るのを見て『負けたんだ』と思いました」

 強力打線と看板エースの奥川(2年)を擁し、優勝候補の一角だった。いきなり5点を先制。一回得点は地方大会から7試合連続。逃げ切りを図る中、誤算が生じた。四回に奥川が右ふくらはぎをつり、緊急降板。7-1の八回に右翼から4番手のマウンドに立った春までのエース・竹谷の両太ももも、投球練習の3球目で悲鳴をあげた。

 「いけるかな、と思った。申し訳ない」

 1死しか取れず右翼へ戻り、寺西(1年)が逆転3ランなどを浴びた。8失点で7-9。それでもあきらめなかった。

 竹谷は直後の九回一死一、二塁で中前適時打。執念の同点劇を演出し、2安打3打点と気を吐いた。18人のベンチ入り選手のうち、8人が下級生。林和成監督(43)は「レギュラーに3年生が少ないなかで、彼が原動力となってまとめてくれた」とたたえた。春はエース兼4番。大きな責任を背負いながら、グラウンドでそれを全うし続けてきた。

 「後輩たちは、甲子園が素晴らしい場所と分かったと思う。星稜に初めての優勝旗を持ってきてほしい」

 涙をため込みながら、こらえた。そして、笑った。開幕戦でのOB松井秀喜氏の始球式から始まった、歴史的な夏-。叶わなかった夢は後輩たちに託し、聖地を去った。