ここから本文です

Adobeがセキュリティアップデートを予告、今週はMicrosoftの月例も

8/13(月) 9:38配信

ITmedia エンタープライズ

 米Adobe Systemsは、米国時間の8月14日にAcrobatとReaderのセキュリティアップデートを公開すると予告した。事前告知の対象とはしていないものの、Flash Playerなど他のソフトウェアのアップデートも同時に公開される可能性がある。

 Adobeによると、14日のアップデートはWindowsとMac向けに公開され、複数の深刻な脆弱性に対処する。脆弱性は、Acrobat DC/Reader DCの連続トラックが2018.011.20055までのバージョンに、Acrobat 2017/Reader 2017のクラシック2017トラックが2017.011.30096までのバージョンに、Acrobat DC/Reader DCのクラシック2015トラックが2015.006.30434までのバージョンに存在している。

 優先度はいずれも「2」に指定され、現時点で脆弱性の悪用は確認されていないと思われる。米国時間の8月14日(日本時間15日)には、Microsoftの月例セキュリティ更新プログラムも公開される見通しだ。

ITmedia エンタープライズ