ここから本文です

<富田林署逃走>「一刻も早く捕まって…」住民から不安の声

8/13(月) 11:28配信

毎日新聞

 「一刻も早く捕まってほしい」。大阪府富田林市の府警富田林署に勾留されていた樋田淳也(ひだ・じゅんや)容疑者(30)が12日夜に逃走した事件。面会室からの逃走という異例の事態に、府警は緊迫した。署の周辺には学校や住宅も多く、住民からは不安や警察への不満の声が上がった。

【写真特集】逃走した容疑者の顔写真など

 12日夜、富田林署には当直の署員が約20人いたが、樋田容疑者の逃走が発覚すると署内には緊張が走ったという。13日未明には多くの報道関係者が詰めかけ、署員らは無線に聴き入ったり、捜査員らが慌ただしく出入りしたりするなどし、敷地内の駐車場などで鑑識活動をしていた。

 富田林署は近鉄長野線富田林西口駅から南約100メートルで、近くには富田林市役所や学校がある。北東にある近鉄長野線富田林駅前で、長男(4)と買い物に訪れていた母親(29)は13日朝、親族から事件を知らされ、すぐに自宅の施錠をした。「小さい子供がいるので心配。外出中は子供の手を握って目を離さないようにしたい」と不安そう。無職の男性(74)は警察に対し「暑さで気が抜けているのでは。もっとしっかりせんかい、という気持ちだ」と憤った。

 富田林市教委は13日朝、市内の幼稚園10園、小学校16校、中学校8校に対し、校門の施錠や不審者への対応に注意するよう緊急のメール連絡をした。夏休み中のため一斉に児童や生徒が登校する予定はないが、一部の中学校では部活動があるという。登下校の際には人通りの少ない道を避けるなどの指導をするよう通知した。署の裏手にある市立富田林小には13日朝、富田林署員が訪れ、逃走した樋田容疑者が校内に潜んでいないか捜索したが、異常はなかったという。【藤河匠、土田暁彦、竹田迅岐】

最終更新:8/13(月) 14:20
毎日新聞

Yahoo!ニュース特設ページ

あわせて読みたい