ここから本文です

ブッフォンがリーグ・アンデビュー…若手主体のPSGが開幕戦で3発完勝

8/13(月) 6:01配信

GOAL

リーグ・アン第1節が12日に行われ、王者パリ・サンジェルマン(PSG)はカーンと対戦した。

開幕前のスーパーカップ、トロフェ・デ・シャンピオンを制していたPSG。トーマス・トゥヘル監督の下で開幕節を戦う。ジャンルイジ・ブッフォンがリーグ・アンデビューを飾り、ネイマールも先発。一方で、ロシア・ワールドカップを長く戦ったキリアン・ムバッペ、エディンソン・カバーニなどは欠場し、コリン・ダグバ、クリストファー・ヌクンク、アントワン・ベルネデといった若手がスタメンに入っている。

開始10分、相手GKのパスミスからヌクンクがネイマールにつなぎ、シーズン最初のゴールを10番が記録する。さらに35分には、アンヘル・ディ・マリアが右サイドを単騎で突破。ラストパスを中央へ送ると、アドリアン・ラビオが押し込んで、追加点を挙げる。

後半に入っても、主導権を譲らないPSGは終盤に18歳のティモシー・ウェアがネイマールに代わって出場。プレシーズンから好調をキープしていたレジェンドの息子はアディショナルタイム、リーグ戦初ゴールを決めて止めを刺す。

試合はそのまま3-0で終了。ブッフォンのクリーンシートや若手の活躍など、ポジティブな材料を見せ、トゥヘル監督がリーグ戦の初陣を飾っている。

GOAL

最終更新:8/13(月) 6:01
GOAL