ここから本文です

インサイダー取引で起訴の米共和党議員、中間選挙の出馬取りやめ

8/13(月) 11:41配信

ロイター

[ワシントン 11日 ロイター] - 豪バイオテクノロジー企業に絡むインサイダー取引に関わったとして起訴されている共和党のクリス・コリンズ下院議員は11日、中間選挙への立候補を取りやめると明らかにした。

共和党はこの問題の悪影響を最小限に抑えたい考え。

コリンズ氏(68)は声明で、4選を目指し出馬を表明していたニューヨーク第27選挙区の有権者のほか、共和党やトランプ大統領が掲げる政策にとって、自身の立候補取りやめが最善の選択だと説明。

米検察当局は8日にコリンズ議員を起訴。同氏は起訴内容を否定している。

コリンズ氏はツイッターで、中間選挙まで任期いっぱい議員を務めるとともに、無実を証明すると表明した。

最終更新:8/13(月) 11:44
ロイター