ここから本文です

阪神・糸井、絶好調!ハマスタで先制弾 本塁打神話ストップも「頑張ります」

8/13(月) 9:00配信

デイリースポーツ

 「DeNA12-5阪神」(12日、横浜スタジアム)

 厳しい表情で阪神・糸井が帰路を急ぐ。1本の本塁打を喜ぶよりも、1敗の結果を悔やんだ。試合開始直後。ファーストスイングで、試合の流れを引き寄せた。敗れはしたが、好相性を誇るDeNA・今永に、好成績を残す横浜スタジアムで、データ通りの活躍を見せた。

【写真】先制2ランを放った糸井

 「(福留)孝介さんが走って内野安打で出塁してくれたので、自分も後ろにつなぐ意識で打席に入りました」

 初回。2死一塁で4番に打順が巡った。2球目。真ん中低めの144キロを狙う。バットを払うようにミートを意識した打球は、それでも軽々と右翼フェンスを越えた。3試合ぶりの14号2ラン。これで復帰後は8試合連続安打&6勝2敗と、巻き返しを狙うチームの絶対的な原動力になる。

 今季、今永との対戦成績はこれで11打数7安打。打率・636、5打点と、無類の好相性を誇る。また、この日の2ランで横浜スタジアムでは打率・389、3本塁打、8打点。糸井が本塁打を打てば8連勝中と、4連勝に向けて勢いを呼んだが、“投壊”で神話は無情にもストップした。

 「疲れたなあ。蒸し暑い。しんどいわ」

 初回以降はチームとして、今永を攻略できなかった。フル出場した試合後、糸井は大粒の汗を拭いながら、悔しそうにバスに乗り込んだ。大敗がより疲労を倍増させた。14日からは関西に戻って、首位・広島との3連戦を迎える。「頑張ります!!」。短い言葉に決意を込めた。残りは48試合。12・5差からの逆襲を信じて戦うだけだ。