ここから本文です

カンニング竹山、山根氏妹インタビューに苦言「おばさんの推測聞いても仕方ない」

8/13(月) 9:49配信

デイリースポーツ

 タレントのカンニング竹山が13日、TBS系「ビビット」で、日本ボクシング連盟会長の辞任を表明した山根明氏の妹のインタビューを見て「おばさんの推測を聞いても仕方ない」「マスコミうるさい」と、マスコミ側の姿勢にクギを刺した。

【写真】山根氏の怒り「お前ら人殺しか」

 番組では、山根会長の妹に単独インタビューを行い、山根氏は「本人は(会長を)辞めたと言っていない」と辞任の自覚がないことや、告発側への反撃を予想していること、反撃の材料も「推測ですけど、メール文とか」と持っていることなどを話していた。

 このVTRを見た竹山は「何をやってるんですかね。(妹は)全然関係ないでしょ。山根会長が辞任して、一番の問題は助成金の問題ですから」と、バッサリ。そして「(助成金が)問題なのに、山根会長のキャラがおかしいからって」「マスコミに(山根会長が)うるさいって言ってたけど、マスコミ、うるさいよね。関係ないんだから。おじさん面白いから追ってるだけで」と、取材姿勢に疑問を投げかけた。

 更に、妹のインタビューについては「自分で仰ってるけど、推測だって言ってるんだから。おばさんの推測聞いても仕方ないでしょ」と、妹のインタビューは問題の本質には関係ないとの持論を展開。「(部外者が)何人出て来ても、今後どうしようもないでしょう。これやっても」とコメントした。

 これに教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏も「あっぱれ!山根劇場に苦言呈するカンニング竹山さん」のタイトルでブログを更新。「竹山さんの批判に同意する視聴者が圧倒的に多いのではないでしょうか」「内部からの一矢報いる発言に胸スッキリの尾木ママです」と賛同していた。