ここから本文です

人気急上昇俳優!井之脇海、人気急上昇ドラマ“ぎぼむす”に参戦

8/13(月) 5:00配信

サンケイスポーツ

 人気上昇中の俳優、井之脇海(かい、22)がTBS系「義母と娘のブルース」(火曜後10・0)に出演することが12日、分かった。

 ブレーク必至な塩顔の若手演技派が、謎の高校生役で“ぎぼむす”を盛り上げる!

 「義母-」は主演の綾瀬はるか(33)扮するキャリアウーマンの亜希子が8歳の娘を持つ宮本(竹野内豊、47)と結婚し、子育てに奔走する10年間を描く物語。

 前回の第5話では番組最高となる平均視聴率13・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得。2016年の同局系「逃げるは恥だが役に立つ」のような大ヒットへの“起爆剤”として期待されるのが井之脇だ。

 14日放送の第6話から第2章がスタート。家庭に入った亜希子が母として奮闘している10年後から始まり、井之脇は高校3年になった娘のみゆき(上白石萌歌、18)に大きく関わっていく謎の高校生を演じる。

 子役時代から注目を浴び、昨年は「帝一の國」など映画7本、ドラマ6本に出演。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」、大河ドラマ「おんな城主 直虎」でも存在感を発揮した。今春に日大芸術学部映画学科を卒業し、役者一本となり、“ぎぼむす”で民放ゴールデンプライム帯(午後7~11時)の連ドラレギュラーを初獲得した。

 「おんな城主-」を手掛けた脚本家、森下佳子さん(47)と3度目のタッグとなる井之脇は、今作の後半戦を任され、「登場人物が不器用ながらにお互いを思いやり歩んでいて、『悲しみの歌をみんなで支え合い奏でると、喜びに変わるんだ』と感じました。そんなブルースな作品に参加できてうれしいです」と感激。綾瀬とは初共演で「とてもワクワクしています。物語を奏でる上で大切な1ピースになれるよう、楽しんで演じたい」と力を込めた。