ここから本文です

(朝鮮日報日本語版) 非核化のタイムスケジュール、北朝鮮は米国の提案を全て拒否=CNN報道

8/13(月) 9:17配信

朝鮮日報日本語版

 米国は北朝鮮に非核化に向けた複数の提案を行ったが、北朝鮮がこれらを全て拒否した。米CNNが複数の外交筋の話として10日(現地時間)に報じた。

 CNNは「米国は完全かつ検証された非核化の最初から最後の段階に至るまでの手続きについて、ある特定の方法を提案したが、北朝鮮はその全てをことごとく拒否した」と報じた。CNNによると、今回米国が提案した内容の中には非核化のタイムスケジュールも含まれていたという。ある外交筋が「北朝鮮は米国の提案を強盗の要求のように受け止めている」と伝えたこともCNNは報じた。実際に今年7月にポンペオ国務長官が平壌を3回目に訪問した際には、それまでの予想とは異なり金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会うことができず、さらにポンペオ氏が平壌を出発した直後に北朝鮮は「強盗のような要求をしてきた」として米国とポンペオ長官を非難した。

 これについて米ニューヨークタイムズ紙は別の外交筋の話として「北朝鮮は自国の核兵器や核物質の製造・生産施設、さらにミサイル技術の細かい内容を文書で公表する前に、米国が先に韓国戦争の終戦宣言に応じるよう求めている」とした上で「終戦宣言が実現すれば、北朝鮮が核廃棄に応じなくとも米国は軍事行動をやりにくくなるとの見方もある」と伝えた。

 ニューヨークタイムズによると、ポンペオ氏は先日周囲に「交渉の結果によって自分が国務長官でいられるか決まるだろう」と話したという。