ここから本文です

草津市の切断遺体は50~70歳の男性

8/13(月) 0:24配信

ABCテレビ

ABCテレビ

滋賀県草津市で切断された人の胴体などが見つかった事件で、遺体は50歳から70歳くらいの男性であることがわかりました。

きのう、草津市の農業用排水路で、首や手足が切断された人の胴体が見つかり、その後、近くの川で足の一部が複数発見されました。司法解剖の結果、遺体は50歳から70歳くらいの男性で、死後1週間以内であることがわかりました。死因はわかっていません。遺体には、鋭利な刃物で切断されたような痕があり、切断面から胴体と足は同一人物とみられています。警察は死体遺棄事件として、残りの部位の発見を急ぐとともに、身元の確認を進めています。

ABCテレビ

最終更新:8/13(月) 1:56
ABCテレビ